行事予定 2018

平成30年度

大阪府民大会・春/秋

平成30年6月10(日)

10:00開会

 第26回 日本拳法 春季 大阪府民体育大会 

 (個人選手権兼大阪予選)

 

於:東淀川体育館

 

 

平成30年11月4(日)

 13:00開会

第27回 日本拳法 秋季 大阪府民体育大会(団体戦)

第16回 日本拳法 秋季 大阪府高等学校新人戦(団体戦)

 

於:東淀川体育館

競技力向上講習会

平成30年11月4(日)

9:30開会

第4回指導者講習会/合同練習 同日開催

 

於:新大阪マルビル

大阪府日本拳法連盟

 

日本拳法は、昭和7年宗家澤山宗海先生にて創始された、徒手(素手の)総合格闘技(拳の突く・打つ、足の蹴けりと、組み合った時に用いる、投げ技・関節技、投げ技の後の組み伏せた状態での、相手を制する)であります。特に総合格闘技にありがちな、身体に及ぼす傷害等危険を、最大限防止するために、創始以来、身体への安全性を最も考慮され開発された、防具着装(面・銅・股当・グローブ)を行い、人間本来の全身への攻撃を、実戦乱稽古にて可能とした日本拳法は、戦前・戦後を通じて、武道・徒手総合格闘技界での、防具着装のパイオニアであります。

 

現在は、成人(社会人・大学生)・高校生・中学生・小学生・幼児に至るまで、全国に道場・練習場があり、近年特に海外、欧米・ロシア等数十カ国に普及、活動の場が広がり、毎年開催、2017日本拳法総合選手権大会へは、フランス・イタリア・メキシコ・ロシア・パレスチナ・ウクライナ、6カ国より多数の選手が出場されました。

 

特に日本拳法界での、大阪府連盟の役割は、(一財)日本拳法全国連盟傘下の中核団体として、府下80団体が、日本拳法『八要の紋章』・『理念・指導精神』を胸に、日本拳法の斯道発展のため、地域コミュニティと共に、青少年の健全育成のための輪を広げ、活動を行っています。

 

例年の大阪武道祭におきましても、総合徒手武道としての魅力である多彩な突き蹴り投げ技と、防具着装による実撃で行われる攻防を、堪能していただければ幸甚でございます。